SMBCモビットで即日融資を受けるには?

SMBCモビットは三井住友銀行系列の大手消費者金融業者です。大手ならではの安心感があり、利便性も高いカードローンとして高い人気があります。

 

消費者金融業者らしく審査のスピードが早いため即日融資も可能ですが、申し込み当日に確実に利用するためには、いくつかのコツが必要になります。

 

SMBCモビットで即日融資は可能?

他社との審査時間の比較

SMBCモビットは消費者金融業者ですので、審査をスピーディに行って申し込んだその日のうちに利用開始できるところがメリットですが、実際には他社と比較すると審査に若干多めの時間がかかります。このことは数多くのリサーチによって明らかになっています。

 

大手の消費者金融業者と比べたときに目立って審査の時間が不安定ですので、即日融資を受けるには注意が必要です。SMBCモビットでは、その日のうちに審査を実行して契約しますが、申し込みしてから審査にかかる時間がおおよそ1時間から2時間という調査結果があります。

 

大手の消費者金融業者と審査時間を比較すると以下のようになります。

 

平日の午後2時に申し込み
業者名 審査にかかる時間 即日融資のタイムリミット
SMBCモビット 1時間~2時間 午後6時
プロミス 1時間以内 午後9時
アコム 15分~30分 午後9時30分
アイフル 20分~30分 午後10時

 

土曜日の午後2時に申し込み
業者名 審査にかかる時間 即日融資のタイムリミット
SMBCモビット 1時間~2時間

 

翌営業日以降もあり

午後6時
プロミス 1時間~3時間 午後9時
アコム 15分~1時間 午後9時30分
アイフル 20分~2時間 午後9時

 

他社に比較しても、あまり即日の融資に積極的ではない姿勢が感じられます。ただ、これが審査の厳しさに直結するわけではありません。むしろ、属性の弱い人にもなるべく貸そうとしているとも考えられます。

 

審査によっては郵送になることも

SMBCモビットの申し込みはパソコンやスマートフォンからも可能で、電話での受け付けも行っています。そのうえで審査をして結果を通知しますが、公式サイトでは最短で30分とされています。実際にはここで多少の時間がかかります。

 

本審査に通過すれば利用開始となりますが、すべてWeb上で完結するタイプの申し込みではないとき、通常はモビットカードというローンカードを受け取る必要があります。このカードはローンの申込機や契約機でも受け取りが可能で、スムーズに運べば即日融資でお金借りることができます。

 

注意したいのは、このカード受け取りの段階で「郵送」しか対応できないときがあるという点です。SMBCモビットの公式サイトには以下のような記載があります。「モビットカードはローン申込機またはローン契約機で受け取ることも可能です(審査の内容によっては「郵送」のみの対応になることもございます)」

 

審査次第では、郵送でローンカードが届くまでSMBCモビットから借入できないことを意味します。このとき、即日融資を受けることはできません。

 

審査に通過した人であれば、ローンカードはどこで発行されようと問題はないと考えられますが、わざわざ郵送にするということは住所確認のためと推測されます。

 

SMBCモビットは新規の申込者に対して慎重になっている姿勢がうかがえます。利用者とすると時間がかかるだけですので、あまり良い話ではありません。

 

Web完結なら即日融資も可能

SMBCモビットには「Web完結」という他社にはないサービスがあります。申し込みの際に、在籍確認の電話連絡が職場にかかってこないというもので、ローンカードも発行されることがありません。借入や返済はスマホだけで実行します。

 

審査も早く、スピーディにお金を借りることができます。申し込みから契約まですべての手続きをネット上で完結されるので、即日融資にも対応しています。

 

ただし、「Web完結」を利用するには以下の4つのすべての条件を満たしていなければなりません。

 

  • 20歳以上69歳以下である。
  • 毎月安定した収入がある。
  • 自分名義の社会保険証または組合保険証を持っている。
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている。

 

特に、3番目の条件を満たせるのは会社の正社員か公務員という点がネックでしょう。正社員・公務員以外はカードローンタイプしか申し込めません。即日融資ができるかどうか問題は、会社員や公務員以外の人たちに発生するということでもあります。

 

そういう意味では露骨と言えますが、金融機関は反社会的勢力の排除に非常に気を使っており、仕方のない措置でしょう。

 

ローンカードが郵送のみの取り扱いになる点を併せて考えても、反社会的勢力が誰かの名前をかたって成りすましで利用する可能性を、限りなくゼロに近づけようという意図が感じられます。

 

SMBCモビットで即日融資を受けるのに知っておきたいこと

審査は土日祝日も実施している

SMBCモビットから即日融資で借りたいという場合も、基本的な流れは他の業者とあまり変わりません。審査はおおよそ以下のような手順で実施されます。

 

  • インターネットで申し込みする。
  • 10秒簡易審査の結果を確認する。
  • 本審査を受ける。
  • メールで審査結果の連絡を受ける。

 

Web完結の場合には、その後はネット上だけで必要書類を提出しますが、カードローンタイプでの申し込みではSMBCモビットの店舗で本契約の手続きをして必要書類を提出します。即日融資を狙うなら、本契約までを当日中に行う必要があります。

 

店舗で契約すると、その場でカードを受け取ることができて、その日のうちに利用開始になります。Web完結では必要書類を提出したらすぐに本契約できて、入会の完了メールが届いた時点で、すでに借入は可能になります。

 

ここで心配になるのが、土日祝日はどうなるのかという点ですが、SMBCモビットは平日だけでなく休日にも審査を実施しています。年末年始のみ多少の不便はありますが、それ以外の休日・祝日にも審査は実施します。

 

簡易審査でも精度が高い

インターネットでSMBCモビットの「10秒簡易審査」を行うと、送信完了から本当に10秒程度で審査結果が表示されます。

 

多くの消費者金融業者で10秒程度の簡易審査や簡単診断などが用意されていますが、これらは「ある程度の審査結果の推測ができる」という程度に過ぎず、そこで借り入れできる可能性があると表示されても実際に審査を受けてみたら否決されてしまったということも多くあります。

 

ところが、SMBCモビットが提供している簡易審査はかなり精度が高く、信頼性が高いと評価されています。10秒簡易審査で良い結果が出ても、必ずしも本審査に通過できるとは限りませんが、かなり正確に推測できます。この点は大きなメリットと言っていいでしょう。

 

こういった簡単審査は多くの業者で導入されていますが、SMBCモビットほどの精度はありません。簡易審査で「お借入できる可能性があります」と表示されて、審査を受けてみたら落ちてしまったということは頻繁に発生します。

 

簡易審査の結果だけで審査に通過できそうだと期待して無人契約機に行っても、そこで審査に否決されたら完全な無駄足です。SMBCモビットは結果の表示も早いですし、その場で利用限度額を知ることも可能です。

 

簡易審査の精度が高いので、まずはネットで簡易審査を受けて結果を確認してから契約機や店舗に向かうことができます。

 

このとき、必要書類を持参するのを忘れないようにしましょう。本人確認書類だけでなく、収入証明書となるものも持っていきましょう。カードローンタイプでは50万円以上の申し込みでないと不要ですが、審査次第では必要になることがあります。

 

カードローンタイプは在籍確認が必須

SMBCモビットでは、職場への電話連絡がない「Web完結」という申し込み方法もありますが、これは正社員・公務員でないと使えません。

 

アルバイトやパート、自営業者でもSMBCモビットの利用そのものはできますが、Web完結で申し込むことはできません。そのため、こういった業態で働いている人は、必ずカードローンタイプの申し込みになります。

 

カードローンタイプを選択すると、基本的には本審査の中で在籍確認の電話がかかります。申し込みしたときに申告した通りの勤務先で働いている実態があるかどうかを確認する作業です。申込者の勤務先に社名ではなく担当者の個人名で連絡が来ます。

 

名前は個人名で要件を名乗ることもないので、会社の誰かに借入が発覚するリスクはほとんどありません。SMBCモビットは大手の業者ですので、様々な会社へ連絡をした実績があります。

 

借金は個人に属するものであって、他人に不用意にその事実を漏洩してはならないと法律にも定められています。安心して本審査を受けましょう。

 

また、カードローンタイプの申し込みであっても相談次第では書類による在籍確認に応じてもらえることもあります。どうしても電話で連絡されるのが困るという場合には、簡易審査の結果通知が来た時点で相談しましょう。こちらから言わない限り、在籍確認は必ず実行されます。

 

SMBCモビットのWeb完結で即日融資

Web完結の審査の流れ

正社員か公務員の人なら、SMBCモビットの申し込みではWeb完結を選択しましょう。これなら即日融資の可能性もぐっと高まります。

 

三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていることも条件ですので、注意が必要です。正社員であってどちらかの銀行の口座を持っているなら、ネットで簡単に申し込めます。

 

Web完結の申し込みから審査まではおおよそ、以下のような流れで進みます。

 

SMBCモビットの公式サイトから「Web完結」で申し込む。

無人契約機や店舗ではWeb完結にはなりません。仮審査の結果はほぼ即時に表示されます。時間としては平日の午後6時がタイムリミットです。この時間までに申し込みを済ませておけば、ほぼ確実に即日融資が可能です。

 

もし、急いでいるのであれば申し込みフォームに送信した直後にSMBCモビットのコールセンターに連絡して「早めに審査してほしい」と申し出ましょう。優先的に審査してもらえます。

 

本審査

10秒簡易審査に通過したら、必要書類をアップロードして本審査を受けます。運転免許証かパスポートを本人確認書類として提出し、社会保険証または社保険証、三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座、源泉徴収票か給与明細書2ヶ月分の収入証明書を提出します。

 

源泉徴収票で収入証明書とする場合には、1ヶ月分の給与明細書が必要になります。保険証の提示によって在籍確認とするので勤務先に在籍確認の電話が入ることはありません。

 

契約

本審査の結果は基本的にメールで通知されます。メールに記載されているURLからアクセスして契約手続きをします。入会完了というメールが送信されたら、会員ページから借入ができるようになります。

 

SMBCモビットのサイトでは最短30分とされていますが、実際には申し込みから早くて1時間くらいかかります。

 

スマホATM取引が重要

Web完結で申し込んで、即日融資を受けるときに肝心なのが「スマホATM取引」です。これはSMBCモビットが提供するスマートフォンアプリを使って借入・返済をするもので、素早く現金を手にできる有効な方法です。

 

SMBCモビットのアプリは2017年にセブン銀行のATMと提携関係を結んでいます。ローンカードなしでスマホからQRコードを読み込ませることで借入ができるようにしたものです。この取引方法によってカードを発行せずにATMが利用できるようになりました。

 

SMBCモビットで契約が完了したら、アプリをインストールしてセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMを利用しましょう。Web完結で申し込みしても、アプリがなければ銀行振込での融資となります。

 

SMBCモビットと銀行口座とのやり取りは時間の制限もあるため、場合によっては即日融資が不可能になってしまいます。スマホATM取引を選択すると、審査と契約が完了した時点で借入が可能になります。急ぎの融資も可能です。

 

振込融資は?

スマホATM取引を利用しない場合では、Web完結で申し込んで融資を受ける方法はSMBCモビットから自分の銀行口座へ振り込みで融資してもらうことになります。この方法だと、銀行の営業時間に左右されてしまいます。

 

銀行口座への振込融資では入金が反映されるのは平日の午前9時から午後3時に限られます。そのため、即日融資を受けるには平日の午後3時までに契約を完了させるだけでなく、振込申請をSMBCモビットに依頼して、入金されるのを待つ必要があります。もし、銀行の営業時間からずれて依頼してしまうと、翌営業日扱いとなってしまいます。

 

SMBCモビットは申し込みから審査、契約までの時間が長い傾向があるため、できる限り早い時間に申し込みを初めましょう。ネットの口コミ情報には午後12時の申し込みでもギリギリだったという報告もあります。振込を使って即日融資を受けるには、かなり早めに動かないと困難であることが推測されます。

 

どうしても銀行の口座への振込で即日融資を受けたいというのであれば、たとえば三井住友銀行の口座を持っているならプロミス、楽天銀行の口座を持っていならアコムで、24時間365日の振込融資を受けることができます。SMBCモビットと併せて検討しておきましょう。

 

カードローンなら来店必須

SMBCモビットへカードローンタイプで申し込みというケースでは、即日融資を受けるには多少の手間がかかります。多くの消費者金融業者や地方銀行で、インターネットで契約、申込者の口座に即日で希望する額を振込して後日カードを郵送するというサービスを提供していますが、SMBCモビットではそういったサービスは提供されていません。

 

借入が可能になるのは、利用者がカードを受け取ってからになります。いったん振込融資で即日で入金してもらい、その後はカードを使ってATMで返済や追加借入するということはSMBCモビットではできません。

 

そのため、もしカードローンタイプで申し込みをして、即日融資を希望するなら、必ず店舗で行く必要があります。この仕様は他社に比較しても不便ですが、来店なしでカードローンタイプの即日融資は不可能です。

 

ローンカードの受け取りは、SMBCモビットもローン申込機または三井住友銀行のローン契約機、郵送の3択です。カードローンタイプでの即日融資はSMBCモビットか三井住友銀行に来店する必要があります。

 

三井住友銀行のローン契約機は午前9時から午後9時までの営業です。一部には契約機が設置されていない店舗があるので三井住友銀行のホームページで確認しておきましょう。

 

審査に通過できる最低条件は?

1.返済能力

SMBCモビットは即日融資にはあまり積極的ではありませんが、それ以外の部分では審査は厳しくありません。審査通過に求められるのは毎月確実に返済できる能力です。収入そのものは高くなくても充分に審査には通過します。

 

SMBCモビットでお金を借りたときに毎月の返済で必要な最低限の額は4000円です。もし、審査に通りたいというのであれば、この4000円を毎月用意できると判断されれば良いことになっています。

 

Web完結で申し込みはできませんが、アルバイトでもパートの主婦でも充分に審査に通過できます。この点でSMBCモビットは寛容なほうで、他社に比較しても審査に通過しやすいと言われています。

 

2.信用情報

もうひとつ、審査に通過するために必要な条件として信用情報があります。申し込みするまでに本人がどのように金融機関を利用してきたかという履歴が信用情報です。これも、カードローンやクレジットカードの返済で長期の延滞がないことや、過去に自己破産や個人再生といった金融事故を起こしたことがなければ、あまり問題視されません。

 

他社での借入がある人でも、毎月4000円以上を用意できるのであれば審査には通ります。SMBCモビットの利用者には、なぜか「わけあり」の人が多いという傾向があることがネットの調査でも明らかになっています。アコムなどに比べて他社借入に寛容というのがSMBCモビットの特徴です。

 

申込内容に不備があると遅れる

SMBCモビットに限らず消費者金融業者全体に言えることですが、申し込みの際に内容に不備があると審査は遅れます。審査回答が出るまでのSMBCモビット側の確認作業に手間が取られるため、即日融資が受けられなくなることがあるので注意しましょう。

 

申し込みのときの入力・記入ミスによって審査が遅れたり否決されたりするケースは非常に多いことは、金融機関の審査担当者へのインタビューでも明らかになっていることで、この点は充分に注意しましょう。

 

たとえば申し込みフォームで入力した勤務先情報に不備があった場合には、携帯電話に「入力した職場の情報に誤りがありませんか」と審査の担当者から連絡が来ます。正しい情報を確認したり、電話でやり取りをしたりすると余計な時間がかかります。

 

注意したいのは、他社での借入状況の報告です。審査に通りたいと考えるあまり、自己申告で借入件数を少なめにしたり借入額を小さめにしたりという手段を使うと、それだけで審査には否決されてしまう可能性があります。

 

入力ミスで一桁間違って送信してしまうなどといった不備は非常に多いと言われており、入力は慎重に行いましょう。他社の借入状況をいったんメモにして書き出すといった工夫が必要になります。明細書などを用意して正確な情報を間違いなく申告するようにしましょう。

 

まとめ

SMBCモビットの審査は他社に比較しても多少時間がかかる傾向があります。ネットの口コミサイトなどでは「初心者には不向き」とはっきり書いているところもあるくらいに、審査は独特です。

 

時間の余裕を持って申し込みしましょう。また、おまとめローン通りやすいのはこちらです。